CO STYLE BOOK

〜子育て、読書、旅、音楽、いろいろ日々感じたメッセージを発信中〜

CALENDAR RECOMMEND ENTRY COMMENT TRACKBACK CATEGORY ARCHIVE LINK PROFILE OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

日本の奇祭「かなまら祭り」

川崎の金山神社で行なわれた「かなまら祭り」に行ってきました。性の神としても信仰されており、その”性”に対する寛大さからか、同性愛の方たちや仮装・女装した人たちがたくさん。




エイズ除けとしても国際的にも知られているそうで、外国人も多くみられました。(頭にかぶっているのはなーに?)




大混雑で大賑わいのお祭りの名物、男根神輿「かなまら舟神輿」が登場!




「エリザベス神輿」をかつぐのは女装した男(?)たち。
何やら神聖なものに見えてくる。。。



神社ではおもしろグッズが販売されていてこちらも大盛況。



声に出して読むのが憚れる2種類の日本酒。



いやはや、日本ならではの面白い文化を味わった気がしたお祭りでした☆


| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

TEDxTokyoChange

「TEDxTokyo」がビル&メリンダ・ゲイツ財団が創設した「TEDxChange」とコラボしたイベント「TEDxTokyoChange」に行ってきました。"Positive Disruption"をテーマにどうすれば個人レベルでよりよい世界に変えていけるかという話題。まず最初はそれぞれの国の伝統やしきたりを変えるといった話から。母国ニジェールで女性の決められた道をポジティブに破壊するために、少女たちへの投資を涙ぐみながら訴えるHalima Himaさんのお話には胸が打たれました。

次に、インドのスラムでワクチンの啓発など地域活動をしている青少年リーダー二人(Salim Shekh and Sikha Patra)からの、運命、宿命を受けとめ、「よりよい世界に変えていく責任を担っている」という言葉も印象的でした。人それぞれ異なる運命のもとに生まれ、生きている。その中で人それぞれ世界をよりよく変えることができる。ただそのきっかけに気づけるかどうかが大事なんだと感じました。

最後のスピーカーとして登場されたchange.org Japanのハリス 鈴木 絵美さんが仰ってたように、変化を起こすって最初はそんな大それたことじゃないのかもしれない。誰かが気づき、それを発信し、賛同する人と繋がり、伝えていくことが変化の渦となっていく。ネットは良くも悪くもいろんな手段になりうるけれど、世界の人たちと繋がって社会問題を解決することだってできる。1人1人の持つ影響力について考え、誰もが社会を変えられる可能性を持っているのだと感じた時間でした。

TEDのイベントに参加したのは初めてでしたが、高校卒業して大学入りたての若い青年から年配の方まで、さまざまな年代や職種の人たちが集まっていて非常にいい刺激となるイベントでした。また今後も参加できればと思います♪


| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

Vital English "英語メディア活用法”

今日はおよそ2年ぶり(?)にVital Englishに参加してきましたテーマは「英語力&情報力を研ぎ澄ます英語メディア活用法」で、ネットはもちろん、ソーシャルメディアやスマホ、電子書籍など新しいツールを使ってみんなどんな風に仕事や情報収集に役立ててるかをシェアしました今や、洪水のように溢れている情報の中から必要な情報をピックアップするのも1つの技術それに自分が興味が持てないとそこに時間を割こうって気になりませんよね今日はたくさんのメディアが紹介されましたが、中でも下記のメディアは今後関心を持って追いかけていきたいと思いました↓

Economist:
有料版はちょっと高いですが、無料でいくつかの記事は読めるみたいです。早速iPhoneのアプリを無料でダウンロードしてみた所、記事は見た目読みやすそう。

NPR:
全米公共ラジオ放送局。こちらもiPhoneアプリをダウンロードした所、音声も聴けるようになっててリスニングにも役立ちそうです。

NY Timesの人気コラムニストのコラム&エッセイ:
Thomas Friedman

Paul Krugman

さまざまな著名人のプレゼンが観れる”TED”も話題に出てました。
最近は字幕の言語も選べるようになったんですね。
数多くのプレゼンがアップされているので、何を観ていいのか最初は迷うかと思いますので、とりあえずはviewer数が多いものを観てみると面白いかもしれません。
私は先日NHKの番組でも紹介されていたAimee Mullinsさんの障害者への見方に対する考え方について述べたプレゼンには感銘を受けました。

本日のVital Englishで感じたのは、やはり欧米のメディアだけだと視点が偏ってしまうので、自分がどういった視点での情報を求めているのか、ということを考えながら選んでいく必要があるということ。自分が触れているメディアによって自身のものの見方が大きく左右されると感じました。Yahoo!JAPANのトピックスを見てるだけで安住している場合ではない!と気づかされ、視点を開く機会となりましたあとは継続が大事ですね

| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

33歳になりました

33というゾロ目を見ると何だか記号みたいですが、だんだん歳をとってくると年齢も記号みたいなもので正直、たまに自分が何歳かよくわからなくなってます(笑)
とは言え、これまでの人生の中で選択してきたことによりある程度の道筋ができてきて自由の幅も限られてくる。仕事もあり家族もある中で若かりし頃と同じような自由奔放な行動は憚れるし、それはそれで感謝すべきことだと感じる。と同時に、そうやって自由度が狭まってく中で今できることを最大限やっておきたい!と思います。未知の世界への探究心を燃やし、自ら足を踏み入れて観て感じて考えていきたい…

ネットが普及して何でもかんでも検索するクセがついてしまってわかった気になるのは簡単だけど、自らの経験でしか何も語れないのが現実だと思う。自らの言葉で経験から学んだことを語り、後世に引き継いでいける大人を目指して33という歳も濃いものにしていきたい…と願う今日の誕生日でした。
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

歌舞伎町ナイト@ロボットレストラン

33歳の誕生日を目前に、見知らぬ世界を開拓したい!ってことで、有志で集まってくれた同僚たちと共に歌舞伎町の新名所、ロボットレストランへ行ってきした。

入口の待合スペースから派手派手で大阪人の私もビックリ!


ショータイムまで待機。ショーを観終わって戻ってきた人たちを見ると魂の抜け殻のような表情だったり、外国人はやけにハイテンションだったり…ショーが待ち遠しい。

そしてついにショーが始まると、セクシーな衣装を身に纏ったギャルたちが和太鼓を演奏し、女戦をテーマに激しいダンス!


次は鼓笛隊の姿で演奏。体に大きなタトゥーが入ってる女子などを見ると、一体この人の人生で何が起きてここでこう踊ってるんだろうか…と気になってみたり。。


そうこうしてるうちに、ロボットは??と疑問に思ってると、着ぐるみ的なロボットが登場!カンフーパンダのパロディには笑えました。


ついにロボットたちが動き出した!!


トランスフォーマーっぽいロボットたちも


最後はギャルたちが頭上を舞い、刺激的なショーは終了。


その後は同性愛の方々が集う街、新宿二丁目を探検。ゲイバーだけでなく、男子の大人のオモチャ屋さんや、驚く写真を掲げたメンズ下着ショップなど普段目にすることのない光景が広がってました。

身近なところにもまだまだ見知らぬ奥深い世界があることを再確認したひと時。33歳も未知の世界を開拓していこうと誓った夜でした☆
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

スター・クルーズ・プラネタリウム&会田誠展

六本木ヒルズで開催中のスター・クルーズ・プラネタリウムと会田誠展に行ってきました。
まずは、スター・クルーズ・プラネタリウムから。”宇宙旅行を味わえる体験型プラネタリウム”というキャッチコピーに惹かれ、どうやら混雑してて人気らしい...と期待して行ってみたものの、仮想の宇宙船というのは単なる映像でしょっぱなからガッカリ感が。。
その次に進んだスカイウォークも3次元のプラネタリウムと言われるものの、光が上から吊るしてあるのが見え見えで、”3Dとはこういうことだったのか...”と種明かしされただけの、正直感動はなく。仕掛けがわかってしまうと夢から覚めてしまう。最後はまた”仮想の宇宙船”で映像を観て終了。子どもには楽しいかもしれませんが、大人には文化祭のようにしか見えなかった。。


それから打って変わって、森美術館での”会田誠展”は大人向けの笑いあり、刺激あり、考えさせられる作品あり、、で予想以上に良かったです。18歳以下禁止の小部屋ではグロテスクなものや性的に過激な作品も観られましたが、吹き出してしまいそうな笑いのセンス溢れるものばかりでした。会田さんがビンラディンの格好をして、こたつで呑みながらぼやいてる作品とかコントみたいな芸術もサイコー。こちらの”考えない人”という作品も哲学が深い。。



現代アートは深くいろんなことをすっ飛ばして見たままそのままの感覚で純粋に楽しめるなぁと感じました。

プラネタリウムは”??”でしたが、会田誠展はオススメです!


| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

白隠展

渋谷Bunkamuraで開催中の白隠展に行ってきました。白隠は臨済宗中興の祖と呼ばれる江戸時代中期の禅僧で、禅の教えを表した絵を数多く描いたことでも有名です。絵は庶民的で親しみやすい可愛い系の絵から、力強くカッコイイ絵まで幅広い作品が並んでました。84歳で亡くなられるまで弟子に対して厳しくも愛のあるメッセージを伝える様子が時代を越えて、今の私たちにも訴えてらっしゃるような気がしました。

中でも気になった白隠のメッセージ、”暫時不在如同死人”(暫時も在らざれば死人に如同す)
「一瞬たりとも真理を追求する心が留守になれば死人も同然」という意味だそうです。白隠の作品に「真理」という言葉がたくさん出てくる中で、そう言えば「真理」って何なのだろう??と考えました。それを考えるのが生きる目的の一つなのかも...なんて思います。

あともう一つ引っ掛かったメッセージ、”動中工夫”(動中の工夫は静中に勝ること百千億倍)
「常にアクティブであれ」という意味だそう。新年早々ダラダラ過ごしている私には痛い言葉ですが、死ぬまで書画を描き続けられた白隠の言葉には説得力を感じます。

今年は上記二つの言葉を胸に過ごそうかなと感じた展覧会でした。



| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

マイブーム 2012

どんな時も、素敵な音楽、映画、旅など文化活動は人生を豊かにしてくれると改めて実感した2012年。そんな昨年を振り返り、私の中で勝手にブームだったものをご紹介したいと思います

☆ブーム本☆
昨年読んだ100冊の中から1冊を選ぶのは難しいですが、最も残ってるのは百田尚樹さん著”永遠の0”。戦争をテーマとした作品で当時を今の時代に生きる私たちと上手く繋いだストーリーです。読書会がきっかけで手に取った本でしたが、戦死した祖父から受けとったような気がして特別な想い入れがあり、昨年のNo.1。

☆ブーム映画☆
面白かった映画、コケた映画、たくさん観ましたがNo.1は昨年交通事故で亡くなられた若松孝二監督の”三島由紀夫と若者たち”。社会問題を訴えかけている映画を作られている若松監督の映画は観ると重くなるのですが、それも映画の醍醐味の一つであり、この作品もそのうちの一つでした。この映画の舞台挨拶で、今後の作品への意欲をエネルギッシュに語られていただけあって、亡くなられたのは本当に残念です。。

☆ブーム音楽☆
昨年はテクノサウンドの音楽がメジャーな1年で、中でもCalvin Harris feat. Ne-Yoの"Let's Go"は私にとってもヘビーローテーションでした。疲れすぎて本読むのもしんどい時の通勤に気持ちを盛り上げてくれた1曲。

☆ブームPV☆
数々のヒット曲のPromotion Videoの中で見入ってしまった作品がCris Brownの”Turn Up the Music"。彼自身も監督として製作に携わったそうですが、まぁ何ともダンスがめちゃくちゃカッコイイ!魅せ方は自分が一番良く知ってるって感じですね。Cris Brownと言えば、昨年はRihannaとヨリを戻したことが話題になってそれについては賛否両論ですが、個人的には好きな2大スターがカップルで活躍するのは嬉しい。

☆ブームcountry☆
昨年も休暇ごとに国内外あちこち歩いた中で最も印象に残ったと言うか、強烈だったのはミャンマー。現地の人々の魂レベルの高さに触れ、自分の稚拙さを感じた場所でした。これから大きく変化しようとあの人の良さ、自然の豊かさは失われないでほしい。。

☆ブーム食品☆
世間で大ヒットした”塩麹”。我が家でもお世話になりました。生野菜に塩麹をかけて15分程置いておき、水を絞って食べるだけで美味しい1品が出来てしまう。お陰で夏は生野菜がたくさん食べれました。今年は塩麹の使い方のバリエーションを増やしたい。

☆ブームTV番組☆
Tokyo MXが放送している”5時に夢中”。コメンテーターのマツコデラックスさんや中村うさぎさん、岩井志麻子さん、上杉隆さんと司会のふかわりょうさんの掛け合いが面白い。シリアスなニュースだらけでブルーになりそうな時、疲れて帰宅した時に癒してくれる番組です。5時には仕事で観れないので録画してしまうくらいハマってしまった。。

そんなこんなで、今年もまた新しいブームとの出会いを楽しみにしつつ、文化活動を充実させていきたいと思います。
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

昨年の反省と今年の…

年末年始に旧友に会い、一緒に過ごした時を懐かしむと共に、みんなその後の人生をそれぞれ歩んでる中で、今後の自身の生き方を考える機会となりました。昨年は忙しくなればなるほど目の前のことをこなすだけの生活になってしまい、視野が狭くなっていたと反省。限りある人生の中で生きてるうちにほんの少しでもいい影響を与えられる人間になりたいという気持ちから離れてしまってた気がして、これではいけないなぁと。。
今年は原点に立ち返って、マイナス要素は跳ね除け、他者に役に立つ行動と発信を心がけたいと思いますm(_ _)m

本年もこんな感じですがヨロシクお願い致します☆
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

フォーシーズンズ椿山荘&教会

今日は一年のご褒美も兼ねてフォーシーズンズ椿山荘のイタリアンレストランで世界三大珍味(キャビア、フォアグラ、トリュフ)が味わえるコース料理をいただきました☆

まずはスパークリングワイン


フォアグラとサーモンと洋梨のジュレ
デザートみたいな感じ。キャビアは上にちょこっと乗ってます…


栗を練りこんだフェットチーネのホロホロ鳥のラグーソース
パスタに栗?って感じでしたが意外と合う組み合わせでした♪


仔牛ロインのロースト
ソースとマッシュポテトにトリュフが入ってるそうですが、よくわからず…でも味はとても美味しく綺麗でした


デザートワゴンは10種類から好きなだけ選んでいい!ということで、私は7種類選んでしまいました(笑)


椿山荘は広い庭園が都会の喧騒から離れた別世界な雰囲気を感じさせてくれます。まだ紅葉の名残も…


滝や三重塔も趣があります


椿山荘のすぐ近くにある 東京カテドラル聖マリア大聖堂へ。
日本には珍しい形の教会。上から見ると十字架になってるらしいのですが…


ルルドの洞窟


教会の中は撮影禁止の為、写真がUPできませんが一見の価値ある教会でした☆
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -
<< | 2/33 | >>