CO STYLE BOOK

〜子育て、読書、旅、音楽、いろいろ日々感じたメッセージを発信中〜

CALENDAR RECOMMEND ENTRY COMMENT TRACKBACK CATEGORY ARCHIVE LINK PROFILE OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

女子大生マイの特許ファイル

特許、知的財産といった世界に無縁の私ですが、特許についての入門書として書かれたこちらの”女子大生マイの特許ファイル”は”特許”という堅苦しいイメージを払拭するとても楽しいストーリでした

本書の中では様々な特許が紹介されているのですが、その中でも有名人の特許で、孫正義社長が取得された”ゴルフシミュレーションゲーム環境装置”や、菅直人首相の”麻雀の点数計算機”など、何でこんな特許持ってるの?という背景から取得に至った経緯などがおもしろく書かれていてドクター中松さんの”ウデンワ”の発明にはビックリ
ホリエモンさんはあまり個人的に好きではないですが、特許について”特許をとる前にアイディアを公開して皆で議論してよりよい物を作ったほうが世のためだと思います。”とおっしゃっていて、特許に対する考え方には共感しました。また、青色LEDを発明された中村修二教授の日本は依然として”世界で一番うまくいっている社会主義国家”という言葉にも今の日本の現状について考えさせられました。

”特許”というものが何故存在し、今の日本でどういう役割を果たしているか、人それぞれの”特許”に対する考え方もいろいろあるんですね。
”特許”のイメージが読む前と読んだ後では変わり、より身近に感じられるようになった内容の本でした

| 文学 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

スポンサーサイト

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

Comment










Trackback

この記事のトラックバックURL: http://co-style.jugem.jp/trackback/703
<< NEW | TOP | OLD>>