CO STYLE BOOK

〜子育て、読書、旅、音楽、いろいろ日々感じたメッセージを発信中〜

CALENDAR RECOMMEND ENTRY COMMENT TRACKBACK CATEGORY ARCHIVE LINK PROFILE OTHERS

妊婦生活はつづく…その1

<妊娠6ヶ月のあれこれ>
第二子の妊娠にあたっては、いろんなことに慎重になり、これまであまり公にはしてませんでした。ただ妊婦生活を経験するのも恐らく最後となるので、今しか感じられないことをこれから書き綴っていきたいと思います。差し障りない方は1人の妊婦の戯言としてご覧いただければと思います。

まず第二子ということで、前回の教訓を活かすべく妊娠が分かってから「他人に過度な期待を抱かない」ということを肝に銘じてきました。と言うのも、「この妊婦の大変さを分かって!」と思えば思うほど自分で自分の首を締めることになるからです。しかし、毎朝の尋常じゃない激混みの通勤列車でマタニティマークをぶら下げてても、おしくらまんじゅう状態の中で立ちっぱなしはキツいです。「時差出勤すれば?」と思われるかもしれませんが、第二子の場合、私も含め多くのお母さんたちは時短勤務で第一子の保育園のお迎えがあり、遅れて出勤するわけにもいかず、できるだけ早くに出勤しようと頑張っても混み混みの現実。電車が遅れた日には身の危険を感じるほどで、それを夫に訴えると「勇気を出して席を譲ってくださいって言ってみたら?」と言われるも、そもそも座ってる人たちは目を閉じてる。マタニティマークを見るなり瞑想を始める人もいて、別名”死んだフリマーク”と呼んでいる。

そんな現状の中、悪阻と殺人的通勤列車にギブアップして仕事を続けることを断念した妊婦さんたちが過去どれだけいただろうか…と考えると涙が出そうです。女性活躍推進とか掲げて数値目標に合わせて女性管理職の割合を増やす以前にやるべきことがあるのではないでしょうか。

マタニティマークも、妊婦のリアルを表現したマークに変えるべきだと思います。そもそもマークを見ない、知らない場合は別として、今のマークのイラストがお母さんが赤ちゃんと幸せそうにニッコリ微笑んでる様子で、どうも席を譲る気をなくさせてるのではないでしょうか。妊婦生活はニッコリ微笑んでられるほど甘くない。妊婦さんたちは、一人ひとり個人差はあれど、いろーんな身体の変化とトラブルに悩まされて必死。その現状に則した姿を伝えないと分かってもらえないのではないか。改訂版マークを作って厚労省に提案しようかと真剣に考える今日この頃です。
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

スポンサーサイト

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

Comment










Trackback

この記事のトラックバックURL: http://co-style.jugem.jp/trackback/1045
<< NEW | TOP | OLD>>