CO STYLE BOOK

〜子育て、読書、旅、音楽、いろいろ日々感じたメッセージを発信中〜

CALENDAR RECOMMEND ENTRY COMMENT TRACKBACK CATEGORY ARCHIVE LINK PROFILE OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -

初の「保活LINEスタンプ」作ってみました!

LINEスタンプを作って販売開始してみました拍手

 

今や何万(いや、何百万?)あるクリエーターズスタンプの中で、私が作ったところで…と思いつつ、どうせ作るなら今までにないものを作りたい!と考えました。その今までに「ない」を探すのが、まず大変汗どんなキャラもシチュエーションも大概、検索してみるといーっぱい出てくるんですよねあせあせそんな中、唯一まだ「ない」と気づいたのが保活に特化したスタンプです!!就活や婚活、妊活まであるのに、保活に使えるものがない(個人調べ)。保活こそ訴えたい、共有したい想いがたくさんあるはずなのに!と思って、自らが体験で感じた想いをベースに作ってみました(なので、悲痛な叫びが多いかもわーい)。普段よく使われる系のスタンプも入れてますので、保活中のママさんに限らず広く皆さんにもお使いいただけるととても嬉しいですぴかぴか

http://line.me/S/sticker/1435860

 

| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

40度高熱の子の看病

いやはや、これまでにも高熱を出してきた息子ですが、40度まで達したのは今回初めてで新米ママはグダグダです。病気するたび子も親も大変ですが40度レベルはまた別格ですね…しんどすぎて寝ない、食べない、泣きっぱなしの三重苦。。先週から小児科やら休日診療やら何やらで、夫だけでなく義父母のサポートも得ながら必死に奮闘する日々です。。

病気すると赤ちゃん返りする子に対して子が病気すると子どもみたいにどーしよーもなく途方に暮れてしまう不甲斐ないママ。。ホント子どもも自分たちも病気することがなければどんなに平和な日々が送れることか…なんで神様はたびたび、こんな病気っていう過酷な試練を投入するのやら、、って考えてしまいます。

でもホント子どもが病気するたび自分一人じゃとても子育てできないなって思います。他人を頼ることの必要性を切実に感じ、他人と助け合ってこそ生きていけるのだと実感します。人から助けられることによって自分も子どもに優しくなれるってことを。そうやって自分自身も育てられてきたってことも。

自分が子どもの頃は親は大人な存在でしたが自分が親になってみて、まだまだ未熟な部分が露呈して、親も不完全で脆弱な存在なんだなってことにも気づきました。ホント、子どもな親ですんません、ママを反面教師として大人に成長していっておくれ!って感じです(・ω・)ノ
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

共働きの洗礼

”はじまりはいつも雨”という薬物使用で捕まった某歌手の歌がありますが、共働きの新生活もそんな感じです。ついに夫の育休も終わり、明日から共働き!という夜に息子の体調が悪くなり、嘔吐で苦しみ始めたので急いで夜間の救急診察へ。幸いすぐに落ち着いたものの、翌朝にはまた医者に連れて行き保育園も休んで私も仕事を休むことに…シングルマザーとして一人息子を育て上げた上司からは「いきなり洗礼を受けたね。」と激励(?)を受けました。。

そんなこんなでゴールデンウイークも安静にしながら近場を徘徊する程度。。大きな荷物を持って出かける家族連れを見るたび、何でよその子たちは元気なんだろう、、と思って悲しくなる始末。ようやく治りかけてきたかなぁと思いきや、またこの週末悪化してしまいました(涙)自分も体調を崩して胃炎で点滴受け、安静にしてたいところが、息子のお世話で自分のことはいつの間にか後回し。。みんな最初は病気して免疫つけて強くなる、、と心に言い聞かせても、やはりしんどいものはしんどい!!こうやって自分自身も鍛えられていくのでしょうか。確かに子育てするようになってから自分の弱さと向き合わざるを得なくなりました。。

大変だなぁと泣きそうになることも多々ありますが、高熱出しても健気に遊んで幸せそうな息子の笑顔を見ると一気に救われた気分になもなり、ホント子育てって飴とムチですね。。(1:9くらいの割合でムチが多いですけど。)
共働き生活が軌道に乗る日は来るのだろうか…
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

職場復帰

育休から職場復帰して早1ヶ月以上が経ち、復帰当初は仕事出来ることの喜びと休みからの反動で妙なアドレナリンが出てる感じでした。そこからあれよあれよという間に仕事が降ってきて、夫が育休中の期間は何とかなっているものの、共働きになり短時間勤務を取るようになったらやっていけるのだろうか…という不安が高まる一方。。周りにいるシングルマザーでありながらキャリアを構築してるスーパーウーマンや厳しい職場環境に耐え忍んでるワーキングマザーを見てると自分なんて周囲の理解とサポートがあって恵まれてるのに…と思いつめて時々ガーーンと落ち込んでしまう。。(産後のホルモンのせいでしょうか?そうであってほしい…)
仕事も育児も完璧を目指してはいけないし完璧になんてこなせないんだ!と思いつつも頑張りたい気持ちとの葛藤に悩まされるのは仕方がないことなのでしょうか。若かりし20代の頃、職場で子持ちの先輩たちが割り切って仕事していて、その頃は”図々しいオバさんたちだなぁ”と思って見てましたが今自分がその立場になるとその強かさや図太い根性が羨ましくも感じられる今日この頃。新たな境地に達する時は来るのでしょうか…??

本当はこれから職場復帰を考えている人たちに励みとなることでも言えるといいのですが、今私に言えるのはこんな自信ない不安抱えてる人も何とか両立目指してやってます、、ということくらいです。何の励みにもならないかもしれませんが(苦笑)
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

パパの育休

職場復帰して早1ヶ月が経ちました。職場では周囲から「もう保育園預けてるの?」と聞かれ、「今は夫が育休中なので家にいます」と答えると「お父さんが育休??」と必ず驚かれる。。確かに私も復帰するまでは、パパだけでやっていけるのかと心配していた部分もありましたが、実際やってみると問題なく回ってるし「自分がいなければやっていけないのでは…」なんて考えは自己欺瞞だったと反省。。母親信仰が根強い日本では「やっぱりお母さんが一番ね」と言われることも多く、それはそれで自己承認意欲を満たしてくれる反面、子育ての弊害にもなっていると思う。実際、妊娠、出産、授乳は女性にしかできないことだけど、それ以外については男性にできないことはない。そう思って何でもパパもできるでしょ?というスタンスの私は夫にとって厳しい妻なんだろうな…と思うけど、「パパには無理だから…」と諦めてしまうことは結果的にパパを孤立させてしまうと思う。パパにとっても育児は大変だけれどその分の喜びや感動を味わえる経験は今しかできないこと。

夫が育休に入るまでは時間も限られてる中での育児だったので「お手伝い」が精一杯でした。でもお手伝いと毎日ずーっと育児するのとでは天と地の差があり、理解されない気持ちが溝になっていた。。それがようやく夫が育休に入り同じ気持ちをシェアできるようになったと感じる。子どもも私が復帰してからパパやパパの両親と接する機会が増え、いろんな遊びや食べ方などを覚えるようになり、いろんな人と接することで成長も促されている様子。「ママじゃないと」っていうことがどんどん減っていくのは正直寂しい気もするけれど、自分が死んでも子どもは生きていける!と思えることは心強い。

育休を取れる環境にある男性はまだまだ少数ですが、パパの育休が珍しいことではなくなってほいしと願う。これはママのためだけじゃなく、パパのため、夫婦のためになると思うから。。
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

保育園が決まりました

認可保育園の落選通知を受けてから1ヶ月。何とか認可外保育園を一つ確保できたものの、最寄駅からは2駅先で電車での通園は負担があるし他の認可外保育園にも打診していました。そんな中、今朝は通勤時に電車が遅れて激混みの車内に乗り込みながら「こりゃぁベビーカーなんか乗ったら大変だぁ…」と先行きが憂鬱に。。その数時間後、結果待ちをしていた認可外保育園から入れるようになったとの朗報が!!家からも近く、見学した時にアットホームな雰囲気で先生たちの人柄もとても良く、ここなら安心して預けられそう!と直感で惚れたところだったので今まで諦めそうになりながらも保活頑張ってよかったと泣ける思いでした。。

1ヶ月前に認可保育園の悲報を受けた時は悔し涙を飲みましたが、今思うと「認可」というお墨付きをもらうことで気持ち的に安心したかった気がする…一旦白紙の状態から保育園を見直したことで、大事なのは「認可」とか「認証」とか「認定」だとか役所が引いたガイドラインじゃなく、自分たちが心から安心して預けられること、そして無理なく続けられる持続可能であることだと気づかされました。保育園によってホントいろんなカラーがあって、結果的にはとても地味だけど今の私たちと息子に一番合った保育園に決まった気がします。

とは言え、今回決まった保育園は年齢制限があり、小学校入るまでにまた他へ移らないといけないため私たちの保活はまだまだ終わらない(溜息)。。それでも今回学んだことを軸にこれからもめげずに息子の成長に合わせて環境を整えていきたいです。
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

35歳になった今日

今日は誕生日。あいにくの寒い雨。。温かいお祝いメッセージが届いた以外は仕事して、育児して…の何の変哲もない1日だった。そこで好きな作家、山田詠美さんが年齢についてエッセイで書いてる文章を読み返してみたらこう書いてあった、
「年齢を単なる数字だ、などと強がるのは、もう止めましょう。それより、意味のある数字と受け入れる方が、人生、はるかに楽しいよ。若いからとあがいた過去も、今となっては甘さも苦さも引っくるめて、冷静に振り返ることが出来るに違いない。だったら、もう若くないかもとあせる今現在も、未来には懐かしく思い起こすことが出来る筈。自分だけの年齢を他の人々と共有する数字に貶めるなんて、つまらない。今、あなたがその年齢でそこにいる。そのことがあなた自身を作っている。それが、すべて。」

「35歳」はたから見ると、もう全然若くないどころか中年の仲間入りといったところかもしれない。しかし現実は相変わらず…の連続で中身は20代の頃からたいして変わってない気がするし、これでいいのか?と答えのない迷宮を彷徨っている日々。でもホント、他人目線で自己評価してもつまらない人生になるだけだと思う。世間の「素敵な35歳」からかけ離れてようが、自分が自分で選んだ道を歩んでればそれでいいじゃないか…と許せるようになった。それを諦めというのかもいれないけれど。

そんな今日は、(ちょっと恥ずかしいけど)過去の自分からメールが届いてビックリ!未来の自分宛てにメールを送るツールがあって(https://www.futureme.org)ちょうど1年前に35歳になった自分宛てに送ってたことを忘れてた。。それを読むと1年前は産後まもなく赤ちゃんを生かすことに精一杯で余裕がなく寝不足で軽く病んでたなぁというのが伝わった…今は何とか職場にも復帰し、育児との両立に向けて一歩を踏み出した。それはそれでまた大変なのだけど、まぁ、一年一年いろいろあるのが人生。そんないろいろな経験を重ねていつか自分の年齢を意味のある数字と受け入れたい。
| Blog | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

授乳、断乳、そして…

職場復帰を目前に控え、断乳(授乳を意図して辞めること)を決行!回数を減らすまでは順調だったものの、やはり突然1日に一回も出さなくなると乳にシコリみたいなものができて張ってくる。助産院に電話してアドバイスに従って搾乳。そうこうしてるうちに認可保育園の悲報が届き、そのストレスからか職場復帰することへの緊張感からか、あれよあれよという間に乳は収縮して何とかこれで大丈夫なのかしら?というところまで落ち着きました。息子もグズらないか心配でしたが、牛乳さえあれば別にいいから的な態度で助かったと共に母としてはちょっと寂しい気もする。。

思い起こせばこれまで授乳はほーんと大変だった。。最初はお乳から直接うまく吸わせることが出来なくて何度諦めそうになったことか。。うまく飲めない息子のイライラとの攻防が続いたり、夜中何度も授乳しながら寝落ちしたり、、最初は辛い作業でしかなかった。でもうまく飲めるようになってからは本当にお乳をあげている時が至福の時間でもあった。出来ることならもう少し続けたかったけど離乳食の進み具合と今後の仕事のスケジュールを考慮し、断乳に至りました(涙)

そしてついに妊娠してからの禁酒生活も終わり、アルコール解禁!まず飲みたかった琉球泡盛。元々好きなお酒なのに沖縄行っても妊娠中で飲めなくて悔しかった想いを今こそリベンジ!と思ったら速攻酔いが回ってクラクラ〜〜 どうやら禁酒期間のうちに一段と弱くなったようです(苦笑)
何はともあれ、お乳お疲れ様でした。。
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

さようなら育休

気持ち的には育休最後の一週間は息子を預ける保育園も決まり、夫に育児の引き継ぎをしながらこれまで頑張ったご褒美として3人でどこかに行けたらな〜なんて思っていた… しかし現実は認可保育園に落ち、区役所へ駆け込み、認可外保育園に電話しまくり、熱出した息子の病院通いに、肩を負傷した夫は毎日通院。。こんなんで来週からホントに私が職場復帰してウチの家はやっていけるのか!?不安は増す一方で、こんなことになるなら私が育休を延期するべきだったんじゃないかと悔やみ、凹んだ一週間でした。育休を夫と交代することについては、自分自身が育休を通じて味わった充足感と経験を独り占めしないで夫とも共有するべきではないか、息子にとってもそんな父親の姿を見て育った方が将来的に良い影響があるんじゃないか…という想いから決断したこと。そんな気持ちも厳しい現実を前にすると萎えそうになる。。けれど、いつかこの現実の試練はその想いを実現するための踏み台にすぎなかったわ!!と清々しく思える日が来ると信じたい。。

思い返せば臨月の頃から始まった育休は真新しい経験の連続で一つの不安が去ってはまた新しい不安が登場!みたいな一年でした。でもそれら一つ一つと向き合うことでたくさんの気づきが与えられた。自分にとって「働く」ということについても。

そして今日は朗報もありました。キャンセル待ちだった認可外保育園から連絡があり、空きが出たので入れるとのこと!まだ認可保育園の二次選考の結果と保留中の認可外保育園の状況をみて最終的に入る園を決めますが、とりあえず一つ確保できてホッと一息。ホント人生って捨てる神あれば拾う神ありだなぁ(涙)
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -

認可保育園の結果を受けて…

先日の投稿の願いも虚しく、本日届いた認可保育園の結果はダメでした。厳しいのは重々理解してるつもりでしたが、やはり結果を突きつけられるとショックでした。しばらく心ここにあらずの状態で家の中がどんより暗いムードに包まれてると、それが息子に伝わったのか大人しくなって風邪気味だった様子が悪化し高熱に… 気を取り直して息子をケアし、何とか寝てくれた。。でも親の不安な気持ちを察したのかなと思うと可哀想になってきて眠れない。

眠れない中いろいろ考えてたら、これまでの人生も願っているのとは逆の結果を受けてショックで眠れない日々があったなぁと思った。。いつだって思い通りになんかいかないのが人生だってことを忘れてた。でもいつだってそんな時は辛いのだが後々に振り返ると、うまくいかなくとホントよかったと思えることばかり。負け惜しみじゃなくて。思い通りに進んでたらより大きな壁にぶつかってただろうと。そして今の自分の暮らしはなかったと。。だから今回のこともいつかそんな風に思える日が来ることを信じたい。認可保育園だろうが認可外保育園だろうが息子の幸せには直結しない。確かに認可外は玉石混交ではあるが、直感でここはやめよう、と思う保育園は除外すれば良心的な認可外保育園も多数ある。問題はそういう優良な認可外保育園は認可保育園と同様の競争率だということです(溜息)

最善を尽くした上で運命に従い、親としてベストな環境を整えてあげること。最初からうまくいかなくったって軌道修正はいつだってできるのだから。。
| 赤ちゃん | comments(0) | trackbacks(0) | posted by CO - -
| 1/97 | >>